書籍から見る日本史の裏側


教科書には載らない日本史の裏側
日本史の教科書では、「○○年■■が○○を行った」など、何年に誰が何をしたか、大まかな歴史を勉強します。そこにはその人がどういった意図でそのような結果になったのかは詳しく書かれていません。
もっと詳しい日本史の勉強をするのであれば、大学などで日本史を専攻して勉強するという方法がありますが、他にも書籍から知ることもできます。

歴史上の偉人の人物像を詳しく知る方法として、現在わかっているその人物の詳細を書籍から読み解くことが出来ます。

たとえば、幕末に活躍した坂本龍馬に関して知りたいと思ったら、坂本龍馬に関する伝記は数多くあるので、そこから龍馬の半生や、幕末にどのような活躍、人間関係を構築していたのかを知ることができます。

ただし、この書籍から読み解く日本史では、ひとつ注意してほしいことがあります。

それは、その書籍に書かれている内容が必ずしも正しいとは限らないということです。
こうした日本史に登場する偉人のことを収めた書籍は、作者独自の視点、研究の結果が含まれるため、本当のことでは無い可能性もあります。

当然ですが、この書籍を作成した著者も十分な研究を行っているので、まったくのデタラメということはありません。

しかし、歴史の解釈というのは人によって様々です。
その解釈の違いによって、偉人の印象は違って見えてくることもあります。

こうした情報を読むことも日本史を知る上でのひとつの楽しみ方だと思うので、ぜひ気になる日本史上の偉人がいるのなら、それに関係する書籍を読んでみてはいかがでしょうか。




コンテンツ